上映作品を探す
MENU

トピックス

池袋HUMAXシネマズ×シネマディスカバリーズ Presents カルトdeシネマ 開催決定!

カルトdeシネマとはー。

ミニシアター界の革命児、坪井篤史氏(名古屋シネマスコーレ副支配人)によるトークイベント型上映会。

ゲストとのトークを交えながらカルト映画の魅力とその楽しみ方をたっぷりと教えちゃいます!

what is カルト映画?

カルトは「崇拝」の意味。広く大衆受けすることはないが,特定の人々が熱狂的に支持するマニアックな映画をいう。製作年代やジャンルを問わず、また一部有名な映画が含まれることもあり、布教したくなるような語り草があるのが特徴。後世の作品に大きな影響を与えていることもある。

<シネマスコーレ副支配人坪井氏コメント>

「カルト映画」ってどう思います?やっぱり映画好きな人にしか通用しないジャンル、という印象は強いと思います。でも映画は映画なので、「カルト映画」もたくさん映画好きな人間の皆さんの素敵な解説や偏愛を聞くとより一般の皆さんが楽しめるジャンルになるんじゃないでしょうか。目指すはカルト映画の一般化大作戦。このカルト映画沼にハマったら、これからの人生、良いことありますよ笑。

カルトdeシネマ内容

日時・上映作品・ゲスト(予定)

7月より隔週で金曜日に開催!コスプレOKです!

7月2日(金)19:00~『狂った野獣』MC坪井氏、川瀬陽太さん
※時短営業が解除となった場合19時半開演となります。
7月16日(金)19:30~『カルト』MC坪井氏、ゲスト白石晃士監督
7月30日(金)19:30~『鉄男』MC坪井氏、ゲスト塚本晋也監督

チケット

2000円均一(税込)

*チケット販売の詳細は後日ご案内いたします。

「狂った野獣」STORY

テスト中の事故でテストドライバーをクビになった速水伸は、恋人・美代子と大阪の宝石店から8500万円相当の宝石類を強奪し、京都市内を走る路線バスで逃走中。ところが銀行強盗に失敗した谷村と桐野がそのバスをジャックし乗客全員を人質にとる。速水のふてぶてしい強面ムードに谷村と桐野はピリピリしまくりだが、それ以上にヤバかったのが心筋梗塞の持病を隠すバスの運転手。彼は緊張状態が続くと発作が起きる危険人物だった。暴走バスは京都市内を猛スピードで疾走。危険が充満したバスを発見しようとバス会社と京都府警は厳重体制に入った。

注意事項

  • イベント中止の場合のご案内は本ホームページ、劇場twitterのみとなります。チケットご購入のお客様への個別のご連絡はございませんのでご了承ください。
  • 全席指定・定員入替制での上映となり、専用のチケットをお持ちでない方はご覧になれません。
  • いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
  • 場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断りいたします。保安上、入場時に手荷物検査を行う場合がございますこと、予めご了承ください。

新型コロナウィルス等感染症予防及び拡散防止対策について

  • 入場時、お客様の体温を計測させていただきます。
    ※37.5度を超える場合には、ご入場をお断りさせていただきます。

≪感染拡大防止のためのお願い≫

  • ご来場前にご自身で検温を行い、発熱、咳・咽頭痛など呼吸器・風邪症状がある場合はご来場をお控えください。
  • マスクを着用の上、ご来場ください。
  • 入退場時には、館内設置のアルコールで手指消毒をお願いいたします。
  • 咳エチケットにご協力いただき、周囲のお客様にご配慮をお願いいたします。
  • 体調が悪くなられた場合は、お近くのスタッフまでお声掛けください。

©東映