上映作品を探す
MENU

トピックス

7/16(木)秋原北胤監督リクエスト上映会 「忍性」の上映決定!

秋原監督リクエスト上映会 「忍性」の上映が決定いたしました。

 

実施劇場

池袋HUMAXシネマズ

実施概要

日時

7月16日(木)開演:20時~終演:21時15分

料金

全席指定 1,800円(税込み)

チケット

オンラインチケット販売

6月26日(金) 0:00(=6月25日(木)24:00)より

窓口販売

6月26日(金) 劇場オープン時より
※オンライン販売で完売した場合は、窓口販売はございません。

進化する映画「忍性」。2018年より本映画は「進化する映画」として、どんどん映画として育っています。毎年追撮をして、新しいシーンを追加してクオリティがアップします。本年も2019年追撮分を入れての新バージョン。是非とも新しい忍性をお楽しみください

【STORY】

まだ年端もいかぬ幼き忍性(良観房忍性:和泉元彌)は、嵐の翌日、最愛の母を亡くした。その母の心願であった出家を叡尊(興正菩薩叡尊:綾田俊樹)により戒を授かり果たすこととなった忍性の深愛に共感した父(伴貞行:松田洋治)は、忍性を立派な僧にすべく、全ての私財を叡尊へ託した。その頃忍性は、大飢饉により病に苦しむ多くの人々を救うべく小屋を与え衣類を与える救済活動に励んだ。母(橘氏:大谷みつほ)の出家への願いは、この衆生救済にあり、それは文殊の信仰にあった。ある日のこと、足の悪い一人の女性(小林恵美)は、生活ができず市場で物乞いをしていた。忍性は1日も欠かさず彼女を背負い続けることで文殊の功徳、そして母への供養となることを信じ続けた。多くの人々が病に苦しむ中、忍性に決断の時がやってくる…。

映画「忍性」で主演を務めるのは、狂言・和泉流二十世宗家 和泉元彌。

狂言で培われた美しい所作、映画へ真撃に挑む人間性が主演「忍性」の魅力へとつながる!

秋原北胤監督が夢野久作原作「二重心臓」、島崎藤村原作「家」の映画化に続き本作の音楽に迎えたのは、THE金鶴。

注意事項

注意事項

  • 全席指定・定員入替制での上映となり、専用のチケットをお持ちでない方はご覧になれません。
  • 転売・転用を目的としたご購入は、固くお断りいたします。
  • いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
  • 場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断りいたします。保安上、入場時に手荷物検査を行う場合がございますこと、予めご了承ください。
  • 場合により当日、マスコミ・メディアの撮影が入ることがございます。その際、お客様が映像等に映り込む可能性がございますこと、 予めご了承ください。

http://www.kaerucafe.co.jp/ninsho/index.html

©kaeru cafe