上映作品を探す
MENU

トピックス

松竹100周年 鎌倉・松竹大船撮影所が生んだ 「松竹クラッシック」傑作選

松竹100周年 キネマの天地

鎌倉・松竹大船撮影所が生んだ 「松竹クラッシック」傑作選

小津安二郎×原節子、山田洋次×渥美清、高倉健、倍賞千恵子・・・

数々の名作を生み出してきた松竹映画。鎌倉・松竹大船撮影所で生まれたホームドラマは「大船調」と称され、庶民の日常を笑いと感動で描いた名編ばかり。この度は、その代表的な映画監督である小津安二郎、山田洋次の傑作を先端のデジタル技術で美しくよみがえった映像でお贈りします。

小津安二郎監督×原節子『紀子三部作』4Kデジタル修復版上映!

小津安二郎監督の名作が70年の時を経てよみがえる。フィルムの傷やノイズをデジタル除去。画面、音声が公開初日の美しい映像でよみがえる。日本が世界に誇る巨匠が紡ぎ出す、父と娘、大家族、親と子の様々な家族の物語。

上映期間:6/5(金)~18(木)

※上映は終了しました。

A:『晩春』4Kデジタル修復版(松竹1949年公開/108分)

監督:小津安二郎、脚本:野田高梧・小津安二郎、撮影:厚田雄春

出演:原節子、笠智衆、月丘夢路、杉村春子

鎌倉を舞台に娘の結婚をめぐる父と娘の深い愛情を描く。小津監督は、占領下の日本で鎌倉、京都、能舞台など日本文化の様式美とともに、あまりに美しい女優・原節子をフィルムに焼き付けた。小津監督が初めて原節子とコンビを組んだ、記念すべき「紀子三部作」の一本目。

※上映は終了しました。

B:「麦秋」4Kデジタル修復版(松竹/1951年公開/124分)

監督:小津安二郎、脚本:野田高梧・小津安二郎、撮影:厚田雄春

出演:原節子、笠智衆、淡島千景、杉村春子

北鎌倉に暮らす大家族。長女・紀子の結婚を望む家族の姿を描いた明るく、温かい群像劇。快活で、家族思いの紀子役に再び原節子を起用。原の魅力を存分に余すことなく楽しめる代表作の1本。「晩春」につづきキネマ旬報第1位を獲得した「紀子三部作」の二本目。

※上映は終了しました。

C:「東京物語」4Kデジタル修復版(松竹1953年公開/136分)

監督:小津安二郎、脚本:野田高梧・小津安二郎、撮影:厚田雄春

出演:原節子、笠智衆、淡島千景、杉村春子

「紀子三部作」の三本目は、尾道から子どもたち家族に会いに上京した老夫婦を通し、戦後、活気を取り戻し変わりつつも普遍な日本の家族のかたちを静かに描きだす。戦争で夫を失った原が義父母と交わす会話は日本映画屈指の名シーン。日本が世界に誇る珠玉の名作。

山田洋次監督×高倉健、倍賞千恵子共演感動作!

大船調の伝統を受け継ぐ名匠・山田洋次が高倉健と組んだ名作が色鮮やかによみがえる。北海道を舞台に高倉健演じる寡黙で不器用な男の魅力が全編に渡り楽しめる普遍的名作2本。

ラスト「幸福の黄色いハンカチ」はもちろん「遥かなる山の呼び声」のハンカチにも注目!

上映期間:6/19(金)~7/2(木)

※上映は終了しました。

A:「幸福の黄色いハンカチ」デジタルリマスター版(松竹1977年公開/108分)

監督:山田洋次 脚本:山田洋次・朝間義隆 撮影:高羽哲夫

出演:高倉健、武田鉄矢、桃井かおり、倍賞千恵子

日本映画史に残る感動のラストシーン。網走~夕張を舞台にした過去ある男と若い男女のロードムービー。山田監督と出会い新境地を開いた高倉健、桃井かおり、初演技の武田鉄矢は揃って第1回「日本アカデミー賞」はじめ、映画賞を独占。倍賞千恵子と高倉の初共演作。

※上映は終了しました。

B:「遥かなる山の呼び声」デジタルリマスター版(松竹1980年公開/124分)

監督:山田洋次 脚本:山田洋次・朝間義隆 撮影:高羽哲夫

出演:高倉健、倍賞千恵子、吉岡秀隆、ハナ肇

北海道の雄大な牧場を舞台に息子と二人で酪農を営み暮らす民子のもとに突然訪れた男。美しい四季を通じ描かれる親子と男の絆。大きな感動を呼ぶラストシーンは「幸福の黄色いハンカチ」へとつながる名場面。民子の揺れ動く心の変化を見事演じた倍賞さんが秀逸。

「寅さん」、あなたに会いたかった

かつて、正月や夏の風物詩として国民的人気を誇った映画「男はつらいよ」シリーズ。主人公・車寅次郎(=渥美清)が、故郷に戻っては家族や恋するマドンナを巻き込んでは騒動を起こしては旅に出る。今だからこそ、日本中を笑いと涙で包む「寅さん映画」が元気をくれる!今回は、4Kデジタル修復版でお贈りする記念すべきシリーズ第1作と、昨年公開となった50周年、50本目の「お帰り 寅さん」の上映。

上映期間:7/3(金)~16(木)

A:「男はつらいよ」4Kデジタル修復版(松竹/1969年公開/91分)

監督:山田洋次 脚本:山田洋次・森崎東 撮影:高羽哲夫

出演:渥美清、倍賞千恵子、光本幸子、前田吟、森川信、三崎千恵子

20年ぶりに故郷、葛飾柴又とらやに帰ってきた寅次郎。おいちゃん、おばちゃん、妹さくらと涙の再会もわずか、大騒動を巻き起こすシリーズ第1作。妹さくらと博の結婚、幼馴染の冬子への恋心。劇場公開当時の美しい映像、音響を再現した4Kデジタル修復版でお贈りします。

B:「男はつらいよ お帰り 寅さん」シリーズ50周年記念作品(松竹/2019年公開/116分)

監督:山田洋次 脚本:山田洋次・朝原雄三 撮影:近森眞史

出演:渥美清、倍賞千恵子、吉岡秀隆、後藤久美子、前田吟、浅丘ルリ子

小説家となった満男は妻を亡くし娘と二人暮らし。両親(さくら、博)は柴又帝釈天くるまやに暮らしている。ある日、初恋の人・泉と再会した満男は伯父、寅次郎との楽しい日々の記憶がよみがる。 4Kデジタルで修復されてよみがえる名場面、歴代マドンナたちの懐かしい映像に胸が熱くなる。

©1949 松竹株式会社,©1951 松竹株式会社,©1953 松竹株式会社,©1977 松竹株式会社,©1980 松竹株式会社,©1969 松竹株式会社,©2019 松竹株式会社