上映作品を探す
MENU

キャンペーン

『サンダーバード55』Twitterフォロー&リツイート プレゼントキャンペーン!

1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いテレビシリーズ「サンダーバード」。なかでも日本での人気は絶大で、「ウルトラセブン」をはじめとした黎明期から、今日では『シン・ウルトラマン』監督の樋口真嗣や『シン・仮面ライダー』監督の庵野秀明がファンであることを公言するなど、数々の日本特撮、ロボット・SFアニメ作品にも多大なる影響を与え、世界でも、『2001年宇宙の旅』『スター・ウォーズ』『007』など錚々たる作品に影響を与えた伝説的作品として知られている。その伝説が、当時の技術を再現した奇跡の完全新作として帰ってくる!

エピソード1

「サンダーバード登場」

国際救助隊が本格始動する少し前、ジェフ・トレーシーに招待されたレディ・ペネロープは、執事のパーカーと共に、太平洋上の秘密の場所にある美しい島〈トレーシー・アイランド〉に到着、島に隠された驚くべき技術とサンダーバード1号から5号を目にする。エージェントとして大きな秘密を共有したペネロープが加わることで、国際救助隊はついに本格稼働をスタートさせる。

エピソード2

「雪男の恐怖」

ウラン工場が爆破され炎上する事件が発生。同じ頃、国際救助隊はエベレストで雪男に襲撃され救助を請う通信をキャッチして、ペネロープに調査を依頼。ペネロープはスキーコプターに乗り込んでパーカーと共に現場に向かうが、この事件には国際救助隊の宿敵のフッドによって罠が仕組まれていた。フッドの手に落ちるパーカー、ひとり雪深い場所に取り残されるペネロープは危機を脱することができるのだろうか?

エピソード3

「大豪邸、襲撃」

イギリスの大邸宅に忍び込み、貴重品を奪っては屋敷を爆破する連続強盗事件が発生。次に自分の屋敷がターゲットとなることを予見したペネロープは、わざと屋敷を留守にして、犯人たちを呼び寄せる作戦を決行するが、犯人たちに見つかり気を失ってしまう。仕掛けられた爆発の時間が迫る中、国際救助隊はペネロープを救い出すことができるのだろうか?

▼ 池袋HUMAXシネマズ 

▼ 横須賀HUMAXシネマズ

▼ 成田HUMAXシネマズ

▼ ヒューマックスシネマ

キャンペーン概要

Twitter応募

  • ご応募は日本国内にお住いの方に限らせていただきます。
  • 当選連絡のダイレクトメッセージ記載の配送先入力締切日までに入力がない場合、また、当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により賞品のお届けが出来ない場合は当選を無効とさせていただきますので予めご了承ください。
  • ご当選後の賞品の変更や返品には応じかねます。
  • ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
  • 本キャンペーンは株式会社ヒューマックスシネマが主催いたします。賞品はヒューマックスシネマより発送いたします。
  • 上記注意事項は、ご応募の時点でご了承いただいたものといたします。
各劇場ごとの情報はこちら

池袋HUMAXシネマズ

横須賀HUMAXシネマズ

成田HUMAXシネマズ

© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.