映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』記者会見レポート

8/3(金)、シリーズ最新作となる「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の公開を記念しまして、主演のトム・クルーズ(以下 トム )さん、共演のサイモン・ペッグ(以下 サイモン)さん、ヘンリー・カヴィル(以下 ヘンリー)さん、ジェームズ・マッカリー監督(以下 監督)が来日記者会見を行いました!現場にお邪魔させていただきました劇場スタッフがお送りします記者会見レポートです!

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』記者会見 監督、出演者 その1

 

開始直前、部屋の外はにぎやかになってきました!キャストさんが仲良くお話ししている様子がこちらにも伝わってきます!
そして、いよいよ4人が登場!!

(司会)撮影途中にけがもされたということで、日本のファンも心配しておりました。ご挨拶と、撮影中のエピソードをお願いいたします。

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』記者会見 監督、出演者 その2

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』記者会見 監督、出演者 その3

トム(笑顔で)こんにちは!日本に戻ってこれて本当に嬉しいです。23回目の来日で、家に帰ってきたような気持ちですし、この作品を仲間と一緒に持ってこれたことを嬉しく思っています。ご存知の通り、足首を折りました(笑)本当に痛かったです。壁にぶつかった瞬間「折れた!」とわかりましたがカメラの前を通り過ぎなければならないシーンでしたので頑張りました。(注1)そのシーンが終わって監督に「ごめん、足が折れちゃった。」と話しました。

監督 見てすぐに「折れてる」とわかりました。「このけがはきっといいことにつながる」とその時にいいました。その段階で、映画の半分は取り終えていたんですが脚本がまだできていなくて。時間が稼げた、というのは「いいこと」でしたね。

トム 病院で先生が「手術はいらない」と言ってくれたので安心しましたが、その理由が「保険適用外だから」でした(笑)先生が「治るまでに9か月はかかるね」と言ったので「わかった、6週間で復帰するよ!」といいました。そして本当に6週間で復帰しました。全速力で走るシーンは11週間後、ノルウェーの山を登るシーンは9週間後でした。走った後は数日間歩けず、ゴルフカートに乗って移動してました。

ヘンリー 僕はそれを見て「なまけものだなー」と思ってました(笑)

サイモン トムのけがばかり有名になっているけど、撮影中のけがはそれだけじゃなかった。僕も撮影28日目に紙で指を切っちゃって(笑)3週間撮影中止になりました(笑)

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』記者会見 監督、出演者 その4

 

トムさんの想像を超えた体力と精神力、そしてチームワークの良さが伝わってきます。そして、サイモンさんがおもしろ担当ということがわかってきました!

(司会)ヘンリーさんはいかがでしたか?

ヘンリー トムとマッカリー監督(だけ)と仕事が出来たという経験は最高でした。

監督 サイモンは?

ヘンリー あ、すいませんそうでした!自分にとっては、トムとマッカリー監督と仕事ができたことが・・・(笑)

 

サイモンさん、遊ばれてます(笑)

(司会)サイモンさんはいかがでしたか?

サイモン 毎日がアドベンチャーみたいだったよ。ある日トムがヘリコプターから落ちたシーンがあって、僕とレベッカ・ファーガソンはそれがシーンと知らなかったので本当に落ちたかと思ってすごくびっくりして!「今日は残念だけど撮影終了だな。」と思いました(笑)

監督・トム 気象状況によって撮影が早くなることがあるので、周りの人が何も知らないことがあるんです。
セットが広いこともあり、ローカルスタッフは何もわかっていないこともあり、そのシーンのときは「トムを失った!」とパニックに陥っていました。

トム 楽しかったよね?

サイモン 楽しいのはあなただけ!

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』記者会見 監督、出演者 その5

(司会)監督はいかがですか?

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』記者会見 監督、出演者 その6

監督 前作を取り終えた後、エアバス(注2)につかまっているトムを見て、もうできるアクションは全てやりつくしたね、という話をトムともしていたので「次の作品を撮る監督はかわいそうだな・・」(注3)と思っていたんです。そしたら僕が次回作も監督をすることになっていて。
とにかく、2度目ということで、前の作品を超えよう、シリーズ過去作を超えよう、と思わずにこのシリーズに入っているのにふさわしい作品にしようと決めました。アクションでのチャレンジは毎日ありますし、脚本も書かなければいけませんし、ひとつのことに集中することしかできなくて、「全体像」を見ることができませんでした。なので、これだけの大作になるということが編集して初めてわかったんです。

トム 撮影中のアクションシーンは本当に「生き残ろう」という気持ちでした。(注4)

監督 テスト試写を行った時、オーディエンスが「アクションが多すぎる!」と言われ泣く泣くカットしました。ごめんねトム。あ、ヘンリーも。

サイモン 僕のすごいアクションも全部カットされてました。そのあたりはDVDをお楽しみに!

 

その後、記者さんからの質問に対してトムさんからこんな言葉が出てきました。

(記者)1作目から20年経って、より激しくなるアクションシーンに挑戦されていますがそれななぜですか?

トム わたしは、俳優という仕事の中でずっとチャレンジを続けてきました。どんな映画でもです。そしてそれは非常に興味深いことです。観客のために自分の持っているすべてを尽くしています。私は人生を映画作りに捧げています。世界各地で映画を撮り、素晴らしい人々に会い、こういう風にみなさまと作品を分かち合うことができる。それが私の夢です。映画は見てもらうだけではなく、お客様に「経験」してほしいんです。我々は持ちうる技術を全て使って、素晴らしい役者の才能を全部つぎ込んで、見ている方に「経験」してほしい、と思っています。

残りの人生も、持ちうるすべてをみなさんにお出ししたいと思っています。なぜならそういう生き方しかできませんから。監督とは9本一緒に作品を作りましたが、あと19本は作ります(笑)

 

トムさん、凄すぎます・・・!そして、それに応えるように監督も・・・。

監督 トムほど一生懸命、全力投球してすべてを捧げる人はいないと思います。サイモンとヘンリーもそうですけど笑。
彼の献身的な姿は他の人にも伝染します。ですので私自身も今までよりも一生懸命作品に向き合いました。自分で「出来る」と思っていなかったこともできるようになっています。映画を通して、他のいろんな人たちにチャンスが与えられ、周りの人にここまで気を配れる主役というのはトム以外にいないと思います。

トムもトムが演じるキャラクターも、自分が傷つきやすい、とかもろい部分をだすのを怖がらないです。つまり「人間らしさ」が出せるのです。だからものすごい人なんですけど親密感や親近感を持てる人なんです。

 

最初から最後まで、仲間をほめたたえ合う4人の姿は「ミッション:インポッシブル」という素晴らしい作品に携わり、ものすごい撮影をくぐり抜けてきたからこそのチームワーク、そして尊敬であることが伝わってくる素晴らしい記者会見でした。
足首を折る、という通常の日常生活ですら大変な状況下、チームのためにたった6週間で戻ってきたトムさんはじめ、みなさんの勇姿を、そしてそれを素晴らしい作品に仕上げた監督の手腕をスクリーンでお楽しみくださいませ!

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』記者会見 監督、出演者 その7

(注1) 実際に映画本編にも使われているシーン。予告編でもジャンプシーンは使われていますが、本編では骨折直後、歩く姿が・・・思わず顔が歪みます。

(注2) 前作「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」の冒頭のシーンで記憶に新しい、離陸するエアバスA400Mアトラス輸送機のドアにしがみついたシーン

(注3) 歴代ミッションシリーズは監督が1作ごとに代わっており、マッカリー監督が初のシリーズ2度目の監督となりました。

(注4) ご存知の通り、シリーズの売りは全て自分で行うアクションシーン!会見でも何度も出ていましたが、ノースタントのアクション!更に、回を重ねるごとに激しくなるアクションシーンにみなさん命がけで挑まれていたとのことです。

 

記者会見の夜に行われたレッドカーペットイベントではファンサービスが素晴らしいトムさんならでは、猛烈な暑さの中、2時間もサインや写真に応じてくれていたそうです・・・!​

レッドカーペットイベントの写真です!

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア1

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア2

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア3

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア4

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア5

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア6

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア7

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア8

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア9

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア10

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア11

 

 

 

 

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」は、8/3(金)から、池袋、横須賀、成田、成田IMAXにて公開です!

 

ページTOPへ

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.